トップページ > 会社情報 > 沿革

沿革(TCIの歴史)

  • 昭和48年(1973年)創業 〜
  • ・大手食品企業のCSR活動の一環としての「次代の消費者作りキャンペーン」業務を開始 (平成14年まで継続)
    ・キャンペーンの実務とともにメディア露出を図る
    ・学術的な広報誌を創刊
    ・学者とのリレーション作りを始める
    ・消費者団体へのコミュニケーション活動も実施
  • 昭和59年(1984年) 〜 
  • ・健康素材のPRを開始
    ・大学や大学病院と連携しPR素材としてエビデンス作りを実施
    ・学会との連動を図る
    ・調査に裏付けされたデータをPR素材としてメディアに提供する業務を開始
  • 平成2年(1990年) 〜 
  • ・外資系企業の広報代理店として、総合的なPR活動を開始
    ・メディアリレーションを強化
    ・シンポジウム、国際学会のPR活動などを手掛ける
    ・SPR活動や編集タイアップなど、総合的なコミュニケーション活動を実施
    ・Web制作を手掛ける
    ・官庁のPRキャンペーンを開始(コンサル業務を含む)
  • 平成12年(2000年)〜
  • ・Pマーク取得(平成16年)
    ・社員に管理栄養士を雇用(平成18年)
    ・代表取締役に山口(河合)祐子が就任(平成18年)
    ・情報発信の柱として第三者機関を設立
    ・医療関係者とのコミュニケーションを強化
    ・インフルエンサーを擁立したコミュニケーションを確立
    ・Webコミュニケーション活動を開始
    ・医薬系企業のPRを開始
  • 平成23年(2011年)〜
  • ・創立40周年を迎える(平成25年3月17日)
    ・創立40年を機に新たなビジョンを制定
    ・食品、ヘルスケアPRを強化
    ・介護食をテーマとしたPR活動を展開
    ・Twitter、Facebookの運営サービス開始
    ・食育活動の運営サポート(小学校〜大学)
    ・和食と日本の伝統文化を融合させたCC活動開始

ページトップへ